エキストラバージンオリーブオイルの主成分であるオイレン酸の健康効果

食器に注がれるオリーブオイルの液体
この記事は約2分で読めます。

今、エキストラバージンオリーブオイルは、料理の分野だけでなく、健康や美容の分野でも大変に注目されています。その理由は、オリーブオイルには生活習慣病の予防や美肌をはじめ様々な効果があるからです。

特に、エキストラバージンオリーブオイルの成分の70%以上を占めるオイレン酸という不飽和脂肪酸には、次のような効果があることが分かっています。

悪玉コレステロール(LDL)だけを減らす

肉食による脂肪の過剰摂取は悪玉コレステロールを増加させますが、オレイン酸には、血液中の悪玉コレステロールを取り除く働きがあるため、動脈硬化や心臓病、高血圧を予防する効果があります。

過酸化脂質の発生を少なくする

過酸化脂質はDNAを傷つけガンや動脈硬化を発生させますが、オイレン酸には、体内の活性酸素と結合し過酸化脂質の発生を抑える働きがあります。そのためオレイン酸は、ガンや動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病を予防・改善する成分として見直されています。

胃酸の分泌を抑える

オレイン酸は飽和脂肪酸に比べ胃酸の分泌が抑えられるため、胃酸過多症や胃弱、胃潰瘍などの予防・改善に効果があります。

排泄物を柔らかくする

ダイエットの目的で油分の摂取を減らすことも便秘の原因になりますが、オレイン酸には乳化作用により排泄物を柔らかくする働きがあるため、便秘を改善する効果があります。

肌の健康を維持する

皮脂の41%はオイレン酸で構成されているため、オイレンを摂取することで、肌のくすみや荒れを改善することができます。

その他、エキストラバージンオリーブオイルにはオイレン酸には、ビタミンEやポリフェノールなどの抗酸化成分も豊富に含まれており、そのアンチエイジング効果がますます注目されています。